窓ガラス 磨き・撥水コーティング

視界がクリアに! 雨ジミみも解消!

  • 圧倒的な撥水力で視界クリア。
  • ギラギラ油膜も除去してスッキリ“素”の状態に。
  • ワイパー動作をスムーズにビビリを軽減
  • 強固な雨染みを除去して再発防止。
  • 撥水ブレードで効果がさらに引き立つ。

驚きの撥水力で視界クリア! 雨天走行もストレスゼロ!

雨の日の視界の悪さは精神的なストレスになり、とくに夜の雨天走行は不安になります。
当店では最新鋭の溶剤と熟練の技術力で、安全・安心のクリアな視界をご提供いたします。

ガラス面研磨後

ここ数年、ガラス撥水コーティング剤の進化にともない、積極的にお客様にオススメしているのが「エシュロン・クラリード」の施工です。上の写真は向かって右半分(助手席側)のみガラス面研磨して水を流した後の状態です。左側は油膜がひどく中途半端に水を弾いていますが、右側はガラスが“素”の状態にまで復元され、コーティングの下地が整ったところです。
ここで、以前まではコーティングの工程に入るところですが、その前に下地剤(アクセラレーター)を塗布します。その原理は、ガラス表面のミクロな凹凸を埋めて平滑にするというものです。その上から仕上げのコーティングを施すことで、驚きの撥水力と耐久性が得られるというものです。さらに当店では2度塗りしますので、美観とともにその効果は絶大です。

ガンコな雨ジミ・ウロコ染みを除去
雨ジミ ウロコ染み

窓ガラスに雨ジミがいったん固着したら、除去するのにDIYではまず歯が立ちません。当店では、専用のバフと研磨剤を使用して約一日がかりの作業になります。バフの当たりにくい隅のほうは、手作業で除去していきますので、プロでも労力がかかります。
その上で撥水コーティングを施工すると、今後の染み対策にも貢献できます。また、染みがつく前の新車の状態での施工をオススメします。もしも「コーティングは予算的に厳しい…」という方には、市販のもので効果的な施工方法をアドバイスしております。

ECHELON Clareed
エシュロン クラリード

圧倒的な撥水力と平滑化

従来のウインドウガラス撥水コートにはない耐久性と撥水、飛散性を実現した全く新しいコーティングシステム「ECHELON Clareed」。撥水の基材となるフッ素の定着量を劇的に増加するアクセラレーター技術を開発し、フッ素が持つ撥水性や耐久性を100%引き出します。さらにアクセラレーターによりガラス表面の圧倒的な平滑化を実現することで、ワイパーの動作をスムーズにし欧州車などで発生する「ビビリ」を大幅に軽減します。

特殊反応性フッ素

飛散力と耐久性の両立

コーティングの耐久性はガラス面とコーティング剤を繋いでくれる物質(官能基)の量で、定着性が大きく左右されます。Clareedは、フッ素被膜「アクセラレーター」をコーティング剤の前に塗布する事で、ガラス面とコーティング剤を繋いでくれる物質を大幅に増やしました。これにより定着性が増し、高い耐久性を実現します。

ブレード交換で「撥水コーティング」の効果が引き立つ!
ブレード交換

撥水コーティングの効果をさらに引き立たせるのが「ガラコワイパーパワー撥水」などのブレード交換です。濃縮ガラコを配合したシリコーンラバーが、強力に雨をはじいて効果を持続。さらにグラファイトコーティングによって、不快なビビリを激減します。
“合わせワザ”による効果絶大の当店オススメアイテムです。

BLOG

【日々の施工風景】
窓ガラス 磨き・撥水コーティング

車種別料金表 窓ガラス 磨き・撥水コーティング

Copyright © 2012 Car Polish Tsuru All Rights Reserved.